​第三章

水墨画
Suibokuga 

京都に住んでいた頃は、琵琶湖の辺りによくスケッチに行っておりました。あの頃の琵琶湖には昔の風景が残っており、湖面に揺れる光と風は、私の心を強く揺さぶりました。
「書の心でイメージを描く」。
私の墨絵はそんな世界を目指しています。

I often went to do sketch near Biwa lake when I was still in Kyoto. Biwa lake of that time still had the traditional scenery and the light and wind reflecting the lake surface moved me strongly. “Draw the image with calligraphy mind”. That’s the black-and-white painting that I aim to realize.

近江近景
近江近景
山笑う
山笑う
東雲
東雲
野分
野分
春墨絵
春墨絵
夏墨絵
夏墨絵
秋墨絵
秋墨絵
冬墨絵
冬墨絵