​第一章

木版画
Wooden engraving

長崎在住の版画家、田川 憲 (1906-1967) の描く長崎 グラバー園や石畳の坂道、洋館の煙突など情緒ある風景版画に影響を受け、学生時代より版画イラストを制作するようになりました。
京都在住の時代には古き良き京都の街並に心を動かされ、現在もご依頼の多い「京の風物シリーズ」などが生まれました。
日本の風物詩を版画で表現するということは、自分のルーツを探る旅でもある気がしております。

I started to create engraving illustration in my student days being influence by wooden engravings by Ken Tagawa (1906-1967). He was a graphic artist living in Nagasaki and drew tasteful landscapes such as Nagasaki Glover Garden, stone-paved slope and the chimney of European style house. While I lived in Kyoto, I was moved by the good old scenery of the town of Kyoto and started the series of “Kyoto Scenery” which I still have a lot of request to this day. I feel that expressing Japanese scenery with wooden engraving is the journey to find my own root.


銀花2
銀花2
銀花1
銀花1
銀花3
銀花3
銀花4
銀花4
清水寺
清水寺
大沢池
大沢池
念仏寺
念仏寺
大沢池2
大沢池2